2005年07月28日

星になったラブ

携帯 001.jpg
携帯 005.jpg
携帯 004.jpg
携帯 006.jpg

かわいい――――――――――――――――――――――かわいい
今日は、ラブちゃんを紹介したいと思います

昨日ある人のブログを読んで、ラブの生きていた時を
このブログに残したいと思ったから・・・
この子の名前は「ラブ」当時8歳の娘がつけました
当時働いていたとこのおばさんの物置で生まれた仔猫を
貰いました、実家を離れて娘と二人暮らしをはじめて
すぐのことでした、私が飼うはじめての猫でした
生後二ヶ月のラブはもう元気いっぱいで
女の子と思えないぐらい、やんちゃで
家の中壊されるんじゃないかと思うほど
すごっかたぁ〜もちろん脱走も夜中ず〜と探して
家に連れ帰るなんてこともありました
手のかかるほどかわいいって言いますけど
そんな、ある日のこと、急に嘔吐を繰り返しするように
病院に連れて行き、一晩入院をすることに
次の日先生に白血病と言われました
お母さんのお腹に居る時に感染していたと
言われ、生後一年以内に発病して助からないと
先生に少しでも長く生かせるには
お金もかかるし、見ているだけでも辛い毎日になると
言われ「安楽死」を薦められました
私は即答で嫌ですと答えました
それからは、毎日が地獄のような日々で
睡眠もとれないほどでした
ラブは日に日に痩せてゆき、歩くことも
食べることも、トイレでさえしなくなり
「安楽死」にした方がいいんじゃないかって
生かしているのは、私のエゴなんじゃないかと
悩んで毎日泣き暮らしていた時
先生から、電話をもらいました
ラブを少しでも楽にしてあげると・・
病院に行くと、知らない猫がいました
その子は先生の飼っている猫でした
また入院になるけどいいですかと先生が
私は何をするんですか?と聞きました
先生はこの猫の血をラブに輸血をすると言いました
命を助けることはできないけど
楽にしてあげられると思いますよと
その後も二回輸血をしていただき
ラブも亡くなるまで痩せてふらふらでしたが
少しですけど、ご飯も食べ、おしっこもしてくれて
いました 1994年10月7日pm10:05 永眠
私は冷たくなったラブと二晩一緒の布団で
抱いて寝ました
今でも最後に声を振り絞って「にゃー」て鳴いた声忘れません


かわいい―――――――――――――――――――――かわいい

ニックネーム みゅう at 11:45| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやだわ〜〜最後の、声を振り絞ってにゃ〜って鳴いた声忘れないってとこで、私も数年前飼っていたチンチラの「みかん」のことを思い出したよ〜(泣)ラブちゃんと同じように、病気になってしまって、ご飯も食べないから、スポイトでミルクをあげていましたよ。亡くなる2時間前、「みかん」って呼んだら、頑張って「にゃ〜〜」って鳴いて起き上がって、またパタンって倒れちゃいました・・・。
あぁ・・・涙・・・
ほんとに涙でてきちゃったです(;;)
ミュウさんも、辛い思いしたんだね〜おんなじだ〜ラブちゃんは幸せだったよきっと!!

「みかん」短い命で天国いってしまったから、余計アユに甘くなってしまう・・・
Posted by ちょこ at 2005年07月28日 12:36
ミュウさんと暮らしたラブちゃんは幸せですね!

キキも3年前に免疫不全から口内炎がひどく、
一ヶ月病院に通い、ドクターストップで入院しました。初めてキキがベッドにいなくてもう帰って来ないかもと思うと泣いてました。
でもベッドに来なかった姫が涙を舐めに来て、入院中の3日間は一緒のベッドで寝てくれました。

入院3日目、今夜が峠と言われ一度帰ったけれど、妹にTELして連れて帰りました。
知らない間に息を引き取ったら、一生後悔すると思ったので...
その夜やはり体が汚れてて、毛ずくろいしないのが気になってたので、シャンプーしました。無謀かと思ったけれど...
先生には無理をお願いして、仕事前に預けて、夜迎えに行く生活が続きましたが、元気になりました!
今年もGW前に1週間食べず、また無理言って朝預けて、夜迎えに行く生活が....
でもまた元気になりました。
また何時そうなるか不安ですが、出来る限りのことはしたいと思います。
でもミュウさん、大変だったでしょう?
私はその時働いてた会社が最悪で、でも治療費以外にもお金が必要で、精神的、金銭的にも本当に大変でした...

長くなりましたm(__)m
ガックン、ポン太ちゃん、優しいミュウさんと暮らせて、すごく幸せだね!
Posted by かぐや姫 at 2005年07月28日 14:01
私もかってましたよ 犬だけど
クックっって言うんですけど引っ越すことになって飼えなくなってしまったのでおばあちゃんの所においってたんですけど3ヵ月後の5月に亡くなりました。
クックは朝から調子が悪かったみたいでおばあちゃんが帰ってくるまで死ぬんじゃないよとかいってたらしくて昼の3時ごろにかえってみたらまだいきてて30分後くらいに亡くなったそうです
クックはかなり年寄りでした

ラブちゃんいい飼い主さんとすごせて幸せだったとおもいます
Posted by グゥタ at 2005年07月28日 14:58
さっき忘れましたm(__)m
私もリンクさせていただきました。
よろしくお願いします。
やっと設定が出来ました...
Posted by かぐや姫 at 2005年07月28日 16:21
ちょこさんへ
ちょこさんも大切な猫を亡くしているんですね
ラブには命の重さ、尊さを教えてもらいました
今は「安楽死」を選ばないでよかったと
思っています あゆちゃんに甘くても
いいんじゃないですか
Posted by ミュウ at 2005年07月28日 17:30
かぐや姫さんへ
かぐやさん大変ですよね、私も当時離婚して
母子家庭だったので、金銭的にも余裕はなく
病院代が月に15万ぐらいかかりました
だから仕事3つ掛け持ちしてました
アハハハ(=⌒∀⌒=)今じゃ考えらんないけど
やっぱきつかったよ、そんでも
ラブの顔見てがんばろうって約半年
がんばちゃいましたね
キキちゃんのこと解ってあげられるの
かぐやさんしか、いないんだから
がんばって下さいキキも姫もいい子だし
幸せですよ きっと・・・
Posted by ミュウ at 2005年07月28日 17:41
グゥタさんへ
みんな、動物とのお別れ経験してるんですね
クックは大往生だったのかな?
幸せだったんでしょうね
たくさんの思い出ができてよかったです
Posted by ミュウ at 2005年07月28日 17:49
ぅぅぅ(。´Д⊂)))))
いいお話を読ませていただきました
一生懸命看病なさって、旅たったラブちゃんは
きっとミュウさんに可愛がってもらった事を
ずっと忘れずにいて、お空の上から見守ってくれてるんじゃないかなぁ!!
(*'▽')ア(*'ー')リ(*'▽')ガ(*'ο')トォ♪
ママって・・・

Posted by 由乃 at 2005年07月28日 17:52
由乃さんへ
そうですね、きっと見守ってくれていると
私も思っています このラブがあって
今の動物バカの私がいますからぁーー!
Posted by ミュウ at 2005年07月28日 18:23
ラブちゃんのお話じっくり読ませてもらいました。最近自分でも
ペットの世話をするようになったからか、他の方のペットが
亡くなった話を聞いても涙が出るようになりました・・・。

ラブちゃんはもちろん、ミュウさんも娘さんもさぞかし辛かった
ことでしょう。その子の為にも「安楽死」が良いと言われても、
私もその選択はできなかったと思います。

でもラブちゃん、優しいミュウさんと娘さんと獣医さんに囲まれて
とっても幸せだった思います。天国で元気にお二人のこと見守
っていてくれてると思います☆
Posted by きむら at 2005年07月28日 18:40
ミュウさん、こんにちは。
私のところにラブちゃんのこと書いていただいてから、
うちのJOYとラブちゃん、今天国で仲良しさんかな☆って思ったりしていました。
ミュウさんのラブちゃんの写真を見たいなって思っていたので、
こうして写真でだけど会えて嬉しいです。
そしてラブちゃんのお話を分かち合ってくださってありがとうございました。
JOYのこと想うとき、私もラブちゃんのこと想います。
Posted by kiki at 2005年07月28日 18:42
ミュウさん、コンバンワ

目が涙で一杯になってしまいこれ以上書けません.....なんてすごいミュウさんの愛情。
そして先生の愛情に頭が下がります。

=^・^=
Posted by Cat at 2005年07月28日 20:11
きむらさんへ
あの経験はとても今生きています
娘は特に感じていると思います
生まれて一年でこの世を去らなければ
いけなかったラブのことを何よりも
必要としていたのは娘だったからです
離婚して私は仕事で一緒に居てあげられなかったからその隙間を埋めてくれたのはラブだったと
言っていました、グレなかったのも
ラブのおかげと言ってましたねぇ(笑)
Posted by ミュウ at 2005年07月28日 20:16
kikiさんへ
ラブを見ていただけましたか
ありがとうございます
ブログに残せてよかったと思っています
kikiさんとJOYのことを読んで
再度命の大切さを感じました
もう一度抱きしめてあげたいです
kikiさんの所にもこれからもちょこちょこ
遊びにいきますね よろしく
Posted by ミュウ at 2005年07月28日 20:28
catさんへ
読んでくれてありがとうです
ハムちゃんの寿命は短いから
ぽんちゃんも見送る時がくるんですよね
精一杯、愛情をかけてあげたいです
でも当の本人のぽんちゃんは
地震があっても爆睡でした(笑)
Posted by ミュウ at 2005年07月28日 20:36
ラブはミュウさんにもらわれてほんとに幸せな一生だったと思います
チコも生まれたばかりで捨てられてて誰も拾い手がなく姉が拾ってきたんですけどかなり弱ってて
最初は危なかったんですけどここまで元気にりっぱな体格に育ちました^^
もしチコが不治の病になったら・・やっぱり安楽死なんてさせられないと思います。
Posted by takyu at 2005年07月28日 23:42
takyuさんへ
コメント、ありがとうございます
私も幸せでした、ラブと過ごした日々は
大切な宝物です、これからも
がっくんとぽんちゃんの大切な
思い出を作っていきたいです
Posted by ミュウ at 2005年07月29日 10:23
(T-T)号泣です ラブちゃんはよい飼い主さんに出会えて幸せでしたよ ミュウさんは人にも恵まれているんですね先生もいい人で悲しいことですけど ミュウさんも体に気をつけてくださいね
Posted by 花梨 at 2005年07月29日 22:49
冷たくなったラブちゃんを二晩抱いて寝たという
ミュウさんの思いに号泣してしまいました。
ミュウさんの腕のなかできっとラブちゃんは
迷うことなく安心して天国へたどり着けたのではないでしょうか・・・
ラブちゃんのお話はゆっくりと読ませて頂きたかったので今まで我慢してきましたが
やっぱりそうしてよかったです。

先生もとてもあたたかい想いをお持ちの先生でよかったですね。
きっとミュウさんのラブちゃんに対する愛が
先生までも動かしたのでしょうね・・・
Posted by Choco at 2005年08月01日 08:26
はじめまして。
「まったり〜な」ていさんのところ経由でやって来ました。
ラブちゃんは幸せな一生だったと思います。
ミュウさんと生活し、いっぱいいっぱい愛されて。
そして、この様にBlogで紹介される事により、
たくさんの動物を愛する人達からの
温かい心を受け取る事が出来たでしょう。
ミュウちゃんは、天国でうれしそうに
にゃ〜って鳴いてる事でしょう。
そして、先生とそのドナーの猫ちゃんに
感動いたしました。

Posted by sachi at 2005年10月08日 16:23
↑ごめんなさ〜い(><)
ミュウちゃんは、天国・・・
ラブちゃんは、天国で・・・
の間違いです。
大変失礼致しました。
すいません(><)
Posted by sachi at 2005年10月08日 22:09
あははは、、、いえいえいいんですよ
私も間違えよくありますから
どうか、お気になさらずに。。。(笑)
Posted by ミュウ at 2005年10月09日 08:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/33781

この記事へのトラックバック